ジェルネイルの流れ

カルジェルネイルをする流れについて紹介してきたいと思います。


最初のネイルをするまでの甘皮の処理や、爪の長さを整えたりするということについてはそれほど違いはありません。


爪の長さや形を整えた後は、最初にクリアーな透明のジェルを塗っていきます。


そしていったんUVライトをあてて硬化させることになります。


そしてまた出してきて、乾いたら自分の好きなジェルをその透明のジェルの上に重ねてつけて行きます。


重ねてつけて行く場合には、ジェルの種類は色々とありますがパウダーから混ぜて色を作ったりできますから自分の思い通りの色をのせることも可能です。


そしてジェルを塗ったら、またUVライトの中に入れて硬化すれば完成になります。


従来のネイルアートの場合には、ネイルカラーが完全に乾くまでに時間がかかっているというようなことがありましたが、UVライトを使って固めますから乾かす時間がかなり短縮できます。


今までのネイルに比べるとしかも持ちがいいというメリットもあり安全、柔軟性に優れている素材でジェルがつくられているということもあって爪に負担があまりかからない特徴もあるのです。


ジェルの上から普通のネイルカラーの重ね塗りも可能ですから、トップコートをこまめに塗っておけばさらに長持ちさせることも可能です。


カルジェル専用の液をつけて手軽に除去できるので、オフするときもそれほど時間がかからないというメリットもあります。


この流れでジェルネイルは行われていきます。

posted by 美容整形・ネイル・メイク・小顔 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネイル