サプリメントの資格

サプリメントの資格として、サプリメントアドバイザーという資格があります。サプリメントアドバイザーというのは買う人がサプリメントを自分で判断して、そして自分に合ったサプリメントを安全に選ぶことが出来るようにサポートするのが仕事です。サプリメントアドバイザーになるためには栄養についての知識も必要ですし、サプリメント大半に関する知識なども必要です。サプリメントをどうやって選ぶのか、摂取の方法などをアドバイスできる資格です。サプリメントアドバイザーになるためには、資格を取得する必要がありますが、通信教育で勉強をした場合には、だいたい8か月くらいの勉強で取得可能とされています。
サプリメントアドバイザーの資格を取得するためには栄養学や、公衆衛生学、薬理学や食品成分といった色々な知識が必要になってきますし、薬事法、健康増進法といった関係している法律についても学ぶ必要があります。サプリメントアドバイザーの資格というのは公的な国家資格ではなくて民間が主催している認定資格になります。
講座を受講して資格試験を受験することでサプリメントアドバイザーの資格を取得することは可能です。サプリメントアドバイザーの資格を取得した後は、色々な場所で働くことが出来ます。サプリメントアドバイザーの資格を取得している人は、他の専門的な仕事と組み合わせて取得している人が多いのが特徴です。たとえば、看護師や薬剤師の資格を取得している人や、栄養士の資格を持っている人などが併用しているケースが多いです。
posted by 美容整形・ネイル・メイク・小顔 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント